資格取得について 資格取得について

遺言執行士資格取得について

遺言執行士試験合格者には、合格証書が発行されます。
また、試験に合格した人が、遺言執行士クラブへ入会登録を行うと、遺言執行士資格者証が発行され、「遺言執行士」を名乗って遺言執行業務を行うことができます。

【取得費用(消費税込)

  • 受験料:4,950円/1回
    ※何度でも受験できますが、受験料は毎回必要です。
  • 入会金:11,000円
    ※入会時一回のみ必要です。
  • 年会費:6,600円
    ※途中入会は月別計算とします。
  • 遺言執行士資格者証 表面

    遺言執行士資格者証
    《表面》

  • 遺言執行士資格者証 裏面

    遺言執行士資格者証
    《裏面》

遺言執行士試験概要(オンライン受験)

  • 試験時間

    90分。四肢択一式

  • 受 験 料

    4,950円(消費税込)

  • 受験資格

    学歴・年齢・性別・国籍による制限はありませんが、未成年の方は、
    合格しても成人に達するまで遺言執行士クラブに入会できません。

  • 注意事項

    他の人の代わりに受験したり、試験中に他人に相談したりすることは禁止します。
    試験中、パソコン・スマートフォンなどを使用することはできません。
    試験問題の内容に関する質問には一切お答えできません。

  • 試験内容

    民法(相続法)を中心に27問、相続税法に関する問題3問を出題します。
    全30問の四肢択一式で行います。21問(70%)以上正解を合格とします。

  • 受験方法

    「遺言執行士試験を受験する」のページから「アカウント登録へ」進み、アカウント登録後、
    案内に沿って受験料のお支払いを済ませると、すぐに受験可能となります。

  • 推薦図書

    ご参考までに推薦図書をご紹介いたします。
    『相続法実務入門』村上 博一 著(関西学院大学出版会)
    『基礎からみにつく相続税・贈与税』北本 甲男 著(一般財団法人大蔵財務協会)

    【その他推薦図書(より深く学習されたい方向け)】
    『別冊法学セミナー基本法コンメンタール 相続 第5版』(日本評論社)
    『事例でみるスタンダード相続手続』(新日本法規)

受験の注意事項

遺言執行士試験は、オンライン受験です。
下の【遺言執行士試験】をクリックすると、当協会が業務委託をしている「株式会社イー・コミュニケーションズ」の受験システム(検定システム)に進みます。
【遺言執行士試験】をクリックしたら、最初に記載されている「申込に当たっての注意事項」をよく読み、十分ご理解されてから受験されますようお願いいたします。

遺言執行士試験を受験する

遺言執行士試験はオンライン試験なので、ご自身の都合の良い時に受験できます。無料体験版もご用意しております。

遺言執行士試験

無料体験版 遺言執行士試験

※無料体験版は遺言執行士試験問題のレベルを大まかに把握していただくためのものなので、問題の入替えは行いません。