一般社団法人 日本遺言執行士協会

writing-mainimage

遺言書を書こうと思っている方へ、四つのアドバイス

  1. 公正証書遺言か自筆証書遺言かを決める。

    公正証書遺言は、公証人と証人2名の面前で作成するので信用力は高いが、 費用も手間もかかるので気軽に書き換えることが難しくなる。 自筆証書遺言は、様式さえ守ればいつでもどこでもすぐに書ける。
    書き換えも同じ。信用力は落ちるが安くて手軽。

    遺言執行士はご依頼により作成段階からお手伝いいたします。
  2. 何をどこまで書くかを決める。

    遺言で指定できることは法律で決まっているが、それ以外の自分の思いや、
    財産とは関係ないことでも「こうして欲しい」を書くのは自由。

    遺言執行士は、意思の実現に最大限の努力をします。
  3. 遺言書をどこへ保管し、誰に存在を教えるか。

    せっかく遺言書を作成しても、誰もその遺言書の存在を知らないと、相続人が全員で話し合って相続手続きを進めることになるが、簡単にまとまらない ことが多いのが実情。

    銀行の貸金庫など、相続開始と同時に相続人が手を付けそうなところへ保管する。
    なお、遺言執行士協会は遺言書をお預かりします。
    遺言書の存在は、推定相続人の中で他の相続人より有利な条件の相続人に知らせておくのがベスト。
  4. 遺言執行者を誰にするか

    遺言書を書いたら、その通りに執行して貰わないと意味がない。
    迅速・確実に、しかも、トラブルにならないよう丁寧に執行するには、それなりの知識や技能が必要。
    意外とトラブルになるのが、相続人の中の一人だけを遺言執行者に指定した場合。

ページの先頭へ

遺言書作成から遺言執行までの流れ

  1. 遺言書の作成

    あなたの意向に従った遺言書の作成を、お手伝いをします。
    財産の分配はもちろん、それ以外の事でも「もしもの時はこうして欲しい」を、何でもご相談ください。
    遺言の内容が決まったら最後に、「遺言執行者として遺言執行士○○を指定し、
    報酬を遺産総額の○%とする。」といった取り決めをして、遺言書に記載します。

  2. 遺言執行者の就任

    遺言執行士は、遺言者が亡くなられたという知らせを受けたら速やかに
    「遺言執行者に就任する旨」の通知を相続人全員に通知します。

  3. 遺産の調査

    相続財産の状況を確認し相続財産目録を作成、相続人全員に交付いたします。
    遺言書の内容についても相続人全員に交付してお知らせし、
    相続財産の全体像を把握していただきます。
    相続税が課税される場合は相続税の申告を税理士に依頼します。
    この際、財産以外に遺言者が希望されている内容について説明を行い、
    相続人全員に内容の確認を求めます。

  4. 遺産の分配

    預貯金を、遺言書の指示に従って名義変更・解約などの手続きを行い、
    相続税が課税される場合は相続税を納付します。
    不動産の移転登記の必要なものは、司法書士に依頼します。
    また、並行して遺言者からの様々な依頼についての処理を行い、
    分配できるものから分配します。

  5. 遺言執行完了の通知

    遺言執行手続きが完了したら、相続人全員に執行完了の通知をいたします。
    通常、遺言執行に着手してから、全ての処理が終わるまで3~4ケ月程度かかりますが、
    内容によってそれ以上の時間がかかる場合、または、もっと早く完了する場合もあります。
    例えば、「不動産を売却して、代金を分配する」というような指示の場合は
    半年から一年を要することもあります。

ページの先頭へ